『ヴァンヴリット』のチョコレートをご存じですか?昨年のバレンタインでは大切な方へのギフトとしてだけでなく、自分へのご褒美にリピート買いも続出した、大ヒットチョコレートです!実はこの『ヴァンヴリット』のチョコレート、実店舗以外に国内で購入できるのはビオセボンだけなのです。どんな方がつくっているのか知りたくて、取材に行ってまいりました。

丸いカーブを描く山々や、島が点在する美しい瀬戸内海を眺めつつ、高松空港から車で走ること約1時間。かわいらしい青い屋根が目を引くァンヴリットさんの工房が突然、目の前に現れました。優しく広がる愛媛の空と同じ笑顔のご夫妻が、入り口でわたしたち取材斑を迎えてくださいました。

オーガニックチョコレートをもっとみなさんに知ってほしい。

工房入り口で。生まれや育ちが違っても、夫婦はなぜか雰囲気が似てくるから不思議です。

ご夫妻の出会いは、なんとフランス・ニース。
裕理さんは語学留学でフランスに渡り、同時期にお仕事でニースに在住していたアムステルダム出身のヴァンヴリットさんと出会ったそうです。

「そのころはチョコレートをつくるなんて考えてもみなかった」と語るお二人。ところがフランスでチョコレートのおいしさに目覚めてしまい、日本でこれを広めたい!という気持ちが湧いてきました。

さらに当時、トライアスロンが趣味だったヴァンヴリットさん。フランスではトライアスロン仲間だけでなく、誰もが栄養補給のため常にチョコレートを持ち歩いていて、この文化をぜひ広めたいと、強く決意したそうです。

2016年、ご結婚を機にご夫妻は裕理さんのご実家がある愛媛県へ移り住みます。二人で“フランスで出会ったあの味”を求め続け、ついに見つけた美味しいチョコレート(当時の名称はミルラチョコレート)の輸入販売をスタートさせました。

国内初!JAS有機認証チョコレートの発売開始 ~自分が納得できる美味しいチョコレートは自分でつくる!~

出来栄えを念入りにチェックするご夫妻。決して手は抜きません。

しかし、「この味なら、食べたらみんな虜になるはず」と仕入れたチョコレートは、思ったほど評判にならなかったそうです。

誰かがつくったものを輸入して売るのではなく、自分たちが情熱を持ってつくってこそ納得のいくチョコレートをお届けできるんだ!そう思ったご夫妻は改めてヴァンヴリットさんの母国であるオランダでパンづくりを勉強し、独学で「ヴァンヴリット・ナチュラルチョコレートスナックス」の自社工房を立ち上げます。

その中で、日本にはJAS有機認証のミルクチョコレートがないことを寂しく感じたご夫妻は、苦労の末に、国内初の認証取得に成功します。

「とても苦労したかいがあり、たくさんのお客さまに喜んでいただけた事が、とても幸せです」 

「フランスではチョコレートはエネルギー補給という意味もあり気軽に持ち歩ける価格で販売されています。日本のお客さまにも、甘いもの=太るという概念から抜け出して実はヘルシーな食べ物だと知って欲しい。だから素材もできるだけシンプルに、栄養素が豊富なナッツなどを組み合わせてつくっています。美味しさや栄養補給という食の側面と、かわいらしさという見た目の側面の両立を追求しています。」

“甘いものが欲しい時に口にする”チョコレートから、“人間の身体に必要なエネルギー源を補給するための”チョコレートへという、発想の転換。ビオセボンで大人気となった理由のひとつは、そんな発想の豊かさ、面白さにもあるのではないでしょうか。

JASオーガニック認証の認証書。お二人の努力の結晶です。

かわいいだけじゃない。栄養もしっかり摂ってほしい。

お子さまの一人がちょっぴり恥ずかしがりながら、顔を出してくれました。

ヴァンヴリット夫妻にはかわいらしい3人のお子さまがいらっしゃいます。取材中、お二人の会話からは「ファミリー」、「子どもたち」といったキーワードが繰り返し出てきました。

「子どもたちには、ヘルシーなチョコレートを食べさせたい。だから原料はこだわり抜いています。そして忘れてはならないのがエデュケーション(教育)。チョコレートを通じて、子どもたちにオーガニックやフェアトレードを知ってもらうきっかけになれば」

美味しくて見た目にも楽しくワクワクするチョコレートを前にして、子どもたちはその商品がどこから来たの?どうやってつくられたの?という疑問を持つことでしょう。チョコレートを巡り、食について、世界の情勢や問題について、親子で考えるよいきっかけとなりそうです!

「日常的で親近感がわく」というお客さまの投稿通り、そういう存在でありたい!

まるでアート作品のようなハンマーチョコレート。壁に飾ってしばし鑑賞してから、ゆっくり食べるのも一興です。

昨年2020年のバレンタインには、多くのお客さまに選んでいただいたご夫妻のオーガニックチョコレート。SNSでも「かわいい!」「美味しい!」といった投稿が寄せられる中で、「親近感がわく」という感想を目にして、感激したそうです。ビオセボンのお客さまに向けて、こんなメッセージをいただきました。

「愛媛という地から発信することで、オーガニックを「気取っている」とか「わたしの生活とは関係ない」と考えていらっしゃるお客さまにもっと近づき、オーガニックの温かみをと感じてもらえたらと、そんな気持ちで美味しいチョコレートをつくっています。誰もがオーガニックを日常に取り入れやすくなるきっかけの一つとして、私たちのチョコレートを選んでいただけたら嬉しいですね」

オーガニックに対する姿勢が同じだからビオセボンと繋がった

心を込めて作る。だから自信をもってお勧めできる。そんな姿勢、お2人の表情から伝わってきます。

愛媛と東京。800㎞以上離れた土地にいながら、ヴァンヴリットさんと当社のバイヤーは繋がることができました。

「オーガニック素材は身体に優しいだけでなく、私たちのような生産者がどんな想いでつくっているのか、そこへ想いをはせる時間がとても大切だと思います。チョコレートを味わう少しの時間でもそういう時間が持てれば素晴らしいことだと思うのです。また、手軽に手に取れることが、オーガニックと日常的に触れ合うために大切だと考えています。オーガニックはライフスタイルそのものです」

お二人の言葉はまさに、ビオセボンの理念である『オーガニックを日常に』に通ずるところがあります。この取材を通じて、改めて販売先としてビオセボンを受け入れてくださった理由を、バイヤー、取材班共々に見出すことができ、ジーンといたしました。お互いに目指すところが一緒なので、遠く離れていてもどこかで繋がっているように思います。

かわいいだけじゃない、美味しいだけじゃない、ヴァンヴリットご夫妻の想いが込められたチョコレートを、これからも楽しく販売してまいります!

入口に飾られた木靴やオランダ国旗をあしらったのぼり、ロゴの風車にヴァンヴリットさんの故郷への想いが感じられます。

おすすめアイテム

ヴァンヴリット
オーガニックチョコレートタブレット(ホワイト)
ミルキーなホワイトチョコといちごの甘酸っぱさが相性抜群。
商品ページを見る
ヴァンヴリット
オーガニックパワーボール(オリジナル)
有機いちじくをベースに、スイス産有機クーベルチュールでコーティングしたハンドメイドスナック。
商品ページを見る
ヴァンヴリット
オーガニックチョコバイツ(ダーク×アーモンド)
有機アーモンドをスイス産有機クーベルチュールでコーティングしたハンドメイドスナック。お子様のおやつにもちょうど良い食べきりサイズ。
商品ページを見る
ヴァンヴリット
オーガニックココナッツチップス チョコレートバーク
ココナッツチップスをふんだんに散りばめたハンドメイドチョコレート。ココナッツシュガーを使用しているので優しい甘味。
商品ページを見る

※写真はイメージです。
※オーガニック以外の商品もご紹介しております。
※商品の特性上、規格、デザイン、価格の変更および販売を終了させていただく場合がございます。
※ご紹介した商品情報や内容は記事公開時の情報です。予告なく商品の仕様や原材料等が変更になる場合がございますので、お買い上げの際は必ず商品の表示をご確認ください。
※一部限定販売の商品や品切れの場合もございます。予めご了承ください。