パリ発のオーガニックスーパーマーケット Bio c’ Bon [ビオセボン]

「ビオセボン」は、パリ発のオーガニック・スーパーマーケットです。“新鮮な生鮮食品”と“日常使いできる品揃え”が人気を呼び、フランスを中心に、ヨーロッパで140店舗以上展開しています。「ビオ」とは、フランス語でオーガニック(有機)のこと。「ボン」はフランス語で「おいしい」「良い」という意味で、屋号の「ビオセボン」には「オーガニックっていいね」という想いが込められています。

2016年には日本初上陸1号店として、麻布十番店をオープン。「オーガニックっていいね」の気持ちをもっと身近に感じられるお店づくりをモットーに、店舗数を拡大しています。

2008年 パリで創業
2008年 パリで創業
日本1号店 麻布十番店
日本1号店 麻布十番店

私たちがめざすもの

生産者の方がていねいに育てたオーガニック製品のおいしさや、オーガニックのある暮らしの楽しさをより多くの方に実感していただきたい。だからこそ、「日常使いできるカジュアルな価格」をモットーに、お客さま一人ひとりとの対話を重視し、気軽に楽しめる身近な店舗をめざしています。
こだわっている人や特別な人のためのもの、身体に良さそうだけど日常的に使うのは難しい、といった日本におけるオーガニックの概念を変えていきたいと思っています。

ビオセボンの特長

  1. 1

    普段使いできる
    幅広いオーガニック商品の品揃え

    ビオセボンは、日常使いの食料品や日用品のお店。本場フランスからのチーズやワインなどの直輸入品に加え、日常生活で必要な豆腐や納豆などの和食材も並びます。普段使いにちょうどいい品揃えをすべく、生産者の方々と日々いろいろな商品を開発しています。

  2. 2

    話して、納得して購入できる
    コミュニケーションのあるお店

    オーガニックに詳しい方だけでなく、オーガニックをこれから取り入れてみたい方にもわかりやすく買いやすいお店でありたいと思っています。そのために、質問や困りごとに答えられるスタッフとお客さまとの気軽なコミュニケーションを重視しています。

  3. 3

    「良い」だけでなく、
    「おいしい」オーガニック商品を提供

    その生産過程から、環境や健康への配慮がされているオーガニック商品は、やさしいだけなく、ていねいに作られたものだから、とてもおいしい! ビオセボンは、この「オーガニックって、おいしいんだ!」という喜びもお客さまに実感していただくことが大事だと考えています。