ビオセボンは、2008年にパリで創業された、ヨーロッパで100店舗以上を展開するビオ・スーパーマーケットです。
近年は出店地域を広げていて、フランス国外ではイタリア・ミラノ、スペイン・マドリッドでも出店している他、2016年にベルギー・ブリュッセル、スイス・ローザンヌへの新規出店を果たしました。

ビオセボンは、「特別」すぎる製品しかないお店ではありません。
ごく普通の一般的なスーパーマーケットで手に入るような、日常使いの食料品や日用品が手に入ります。本場フランスからのチーズやワインなどの直輸入品に加え、日本においては日常生活で必要な豆腐や納豆なども品揃えいたします。

ビオセボンは、ビオに詳しいお客様の求める商品を提供することは重要と考えると同時に、まだビオのことをよく知らない初心者の方々にもわかりやすい、買いやすいお店とするため、お客さまとのコミュニケーションを重視しています。

ビオ商品は、その生産過程において環境や健康への配慮がされています。
しかし、ビオセボンはその理念と同時に、「ビオっておいしいんだ!」ということをお客さまに実感していただくことが大事だと考えています。