2019.01.03

【1/19 横浜元町店で開催】南仏オーガニックワインの生産者来日イベント

ビオセボン横浜元町店で、初のイベント開催です!


太陽がさんさんと降り注ぐ南仏ラングドック地方にて、コストパフォーマンス抜群のワインを造りだす「マス・ド・ジャニーニ」。
個性的なエチケットとは裏腹に、ピュアでスルスルと飲めるワインにはファンが拡大中です。
今回は次期当主であるグザヴィエ・ジュリアン氏を迎え、ドメーヌの歴史からオーガニック栽培、醸造コンセプトなどを語っていただきます。

もちろんお楽しみのテイスティングも4種類ご用意いたします。
ぜひ気軽に楽しめてしっかり彼らのワインの真髄を体験してみませんか。
オーガニックワインの造り手と直接話せるまたとないチャンスです。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

■開催概要
・開催日時:1月19日(土) 14:00-14:45
・場所:ビオセボン横浜元町店 イートインスペース
・人数:どなたでもご自由にご参加いただけます。
先着8名さまは着席いただき、立ち見でもご参加可能でございます。
ぜひ、ご友人やご家族と一緒にご参加ください。

■生産者について
グザヴィエ・ジュリアン氏

ラングドックの中心モンペリエから西へ20km、ニームとベジエの間にある人口約700人のサン・ボジル・ド・ラ・シルビー村。 南仏の輝く太陽のもとで家族経営を行うマス・ド・ジャニーニは、1980年代の終わりからビオロジッ ク栽培を始めました。畑は粘土石灰質土壌で、除草剤・化学肥料は使用せず、テロワールの味を最 大に引きだすようブドウの根が地中深く張るような栽培を心がけています。目を引く衝撃的なエチケットですが音楽好きの二人がギター片手 にブドウを踏む姿が描かれコミカル&ド派手に仕上がっています。ラベルとは裏腹にナチュラルな味わいとその背後に隠れたとてつもない力量をぜひ直接、聞きに、そして味わいにお越しください。

TITLE